ガレ兵のブログです

2セントのヴァージンドリーム

2008年3月4日 (火) Posted in ガレージ兵頭

私の尊敬するエンジニアに、延々とフェイバリットのミュージシャンのことを書き続けるヤツがいるが、それはそれで、そこまでやれるのはすごいと思っていた。ロンドンまでライブを聴きに遠征するなど、やってる事が一貫していて尊敬できるのである。

私も佐野元春のごく一部に関することだけやってきた。

アンジェリーナ
ガラスのジェネレーション
ダウンタウンボーイ

くらいは書いただろうか。。。

もう20年近く前の事になるのだが、元春がプロデュースした「mf Various Artists Vol.1」というアルバムが発表された。mfは、多分、エムズファクトリー(元春が設立したレーベル)の略だと思う。

その中で、際立って素晴らしい曲が収録されている。

 2セントのヴァージンドリーム
 (イーストエンダース)

このアルバム(CD)は当時から所有していたのであるが、いつの間にか紛失してしまっていて、危機感を抱いた私はオークションで買い直したことがある。

曲を聴いてどう感じるかなどその人の勝手だと思うのだが、私はこの曲を聴くと、いつも「俺も急いで先に進まなくっちゃ」と焦りにも似た感情が心に湧き上がってくるのである。

  1. 4 Responses to “2セントのヴァージンドリーム”

  2. By みなみな on 2013年10月17日 (木)

    私、このCD持ってます。って言うか、当時佐野元春のラジオ良く聞いてて、この曲聞いて激しく驚いて…思わずプレゼントに応募しました。
    一生ものの宝物です

  3. By hyochin on 2013年10月17日 (木)

    激しく驚くっていう表現、よくわかります(>_<)

  4. By chia on 2014年4月15日 (火)

    初めまして。
    昨日逝去された橋本潤さんのニュースを追っているうちに、ふと思い出してEAST ENDERSを検索してこちらに辿り着きました。
    このCDがリリースされた当時、都内近郊で行われるEAST ENDERSのLIVEには、欠かさず行っていました。
    『2セントのヴァージンドリーム』の他にも、素晴らしい曲が沢山ありました。
    EAST ENDERSがメジャーラインに乗れなかったことは、本当に残念。
    もっと沢山の方々に『2セント』を聴いて頂きたかったです。

  5. By みなみな on 2017年2月10日 (金)

    時々この曲が無性に恋しくなる。もう何年も月日は経ったけど、初めて聞いた時の十代の私がいて安心する。音楽を五感や質感で愛しく聞いていた時代が懐かしい。

Post a Comment