ガレ兵のブログです

イチバン!

2013年10月14日 (月) Posted in レース

日本GP鈴鹿で、ベッテルは第2スティントで先にタイヤ交換を行ったグロージャンの、見た目では前だが実質的な後ろを走りながらも自身のタイヤ交換をせずに我慢の走りだった。もちろんこの戦略はタイヤ交換後に既に消耗したタイヤで走るグロージャンをフレッシュタイヤでコース上でのオーバーテイクを敢行するためのものであることは分かっていたのであるが、それでも確実に抜けるかどうかなどは分からないものでリスクのある作戦であった。

残り16周でベッテルが最後のピットイン、タイヤ交換。それを素晴らしいピットワークでレッドブルチームが応じた。

その時点でトップを走るグロージャンは既に8周ほど走ったタイヤである。そこからベッテルは猛追し、130Rからシケインの進入で真後ろにつけ、鮮やかにメインストレートでオーバーテイクを成功させた。勝負あり。もうベッテルはタイヤの消耗に気をつけてチェッカーを目指すだけである。

鳥肌の立つ走り
ハイレベルの攻防
これぞF1

ポールポジションを獲得したウェバーは、途中でチームからの指示により3ストップ作戦となり結果的に最後にグロージャンを交わしての2位となった。無念だろう。

ただ、いずれにしても、最終スティントでのベッテルの走りはとても素晴らしくトップチェッカーに相応しいものだったと思う。圧倒的な力強さを感じることができた。

さて、チェッカー後のピットとの無線のやり取りで喜びを爆発させていたベッテルであるが「イチバン!イチバン!」と連呼していた。

勝てる自信があるからこそ、しゃべる可能性が最も高い日本語として「イチバン」を覚えたということである。今年も年間チャンピオンはほぼ決定だろう。

今年もあと数戦残っていてそれらも楽しみであるが、しかしエンジンが大きく変更される来年が今から待ちきれない。再来年にはホンダエンジンがF1に帰ってくる。

だからF1は面白い。

Post a Comment