ガレ兵のブログです

モナコの優勝は3勝分の価値がある

2013年5月26日 (日) Posted in レース

今日、モナコGPの決勝が行われるが、公道コースでありコース幅が極端に狭いこともあって、とても高い技術と集中力を必要とすることから、モナコの優勝は3勝分の価値があると言われることがある。そのような特殊性からこのモナコで異様に強いドライバーはモナコマイスターと呼ばれる。予想通りかもしれないが、最多の優勝記録を持っているのは故アイルトン・セナの6勝である。

過去の名勝負は数知れず、私は92年のセナとマンセルの壮絶なラスト数週の闘いが忘れられない。

ここはモナコモンテカルロ、絶対に抜けない

モナコGPは王室がご覧になられて表彰にも出席されるため、特別な対応をしている。王室よりも高いところに立つことは失礼になるということから表彰台はなく、代わりに「表彰ステージ」がある。で、シャンパンはステージ上では開けてはならず、降りてからで、しかも王室の方々がいる方向にシャンパンを向けてはならない。

などなど

ところが優勝した喜びでその不文律を破ってしまい、王室の方々の方向にシャンパンを振ってしまった勇者がいる。それもアイルトン・セナである。表彰式終了後に怒られたと記録されているが、どんな風に怒られたのかなど、興味は尽きない。セナはどんなことでも人々の記憶に残っている。

Post a Comment