ガレ兵のブログです

JALの747が引退する

2011年2月20日 (日) Posted in JAL

JALの国内線のボーイング747が引退するらしい。国際線もまもなく引退とのこと。

数年前までは国内/国際ともにJALの主力機材であり、前部だけ二階建ての機体は見慣れると美しいとすら感じることがあった。工学的に綺麗というか。

羽田-福岡線などはほとんどが747を使用していた時期もあったのではないかと思う。国際線はいつも747だった。国際線で二階席がエコノミー仕様になっている場合には、この二階席があまり混んでないことが多くて狙い目だった。

国内線でもなぜか二階席は空いていた。

747の国内線仕様の機材(型式400D)に搭乗する場合には、一階席の出口前の通路側を指定するがそこが取れない場合には二階席の非常口座席を指定した。(非常事態にはもちろん全力で救助を支援致しますよ!)

大好きな機材だった。

しかし大型機である747は燃費が悪いらしく、時代の流れは中型機に移っていった。
それで引退となったようである。

そういえば最近JALに乗っても747に当たることはないなぁと思っていた。
ほとんどが777か767だった。

世界ではまだまだ現役で飛ぶのだろうが、まずはお疲れ様でした。

  1. 4 Responses to “JALの747が引退する”

  2. By 5stringbj on 2011年2月21日 (月)

    747の機材あんまり好きじゃないんですよ~、撃ち落とされたり、逆噴射したり、ダッチロールしたり、大西洋上で爆発したり....いっぱい×2事故ありましたからねぇ(T_T) まあ、それだけたくさんの量産したんでしょうがないですかね

  3. By hyochin on 2011年2月21日 (月)

    そうですね、大きな事故は747だったですね。私は極端に運がいいので巻き込まれない自信ありまして。

  4. By こぐまごろう on 2011年2月22日 (火)

    自分は747、特にダッシュ400にはデビュー当時から相当な憧れを持っていたこともあり、このラストフライトも申し込もうか否か・・・と迷いました。(この時期はさすがに無理でしたが。)

    一時期は、成田でも海外の空港でも当たり前のようにいたJALのジャンボが見られなくなる日が来るとは、時代の流れですね。

  5. By hyochin on 2011年2月22日 (火)

    ダッシュ400って離着陸回数が多いから、脚を強化しているんでしたね、確か。外観もちょっと違いますね。恰好よいです。

Post a Comment