ガレ兵のブログです

Archive for 3月, 2013

パトカーのナンバーが6500

木曜日, 3月 28th, 2013 Posted in シスコ, バカネタ | No Comments »

昨日、帰宅してから粛々とタイムシフトで録画している警察24時を見ていると、 なんと パトカーのナンバーが 驚いたことに 6500 でした。衝撃です。 画像に著作権もあるような気もするので貼るのはやめておきますが。 パトカーのナンバーは、99(救急か)から始まったり、全然類推できなかったりと、県によってポリシーがあるのかどうかわからないのですが、この6500はどうでしょうか。 その地方の警察のどこかにあのカリスマスイッチが導入されているということを暗示してたりして。 あまりにもバカネタでほんとすみません。

スーティルへの評価は揺るがない

火曜日, 3月 26th, 2013 Posted in レース | No Comments »

エイドリアン・スーティルは、一昨年のシーズン終了後にF1のシートを失った。シーズン途中のナイトクラブでの暴行事件が影響したのかどうかわからない。F1では何が起きても不思議ではない。 スーティルは天才の一人であるとも評されたこともある。 力のあるドライバーだった。 スーティルは他のカテゴリーに移ることなくF1村に残ってシート獲得を目指した。この「F1村に残る」ということが重要なのである。一度、他のカテゴリーに移ってからF1にカムバックできた例は極めて少なく、ほぼ絶望とも言われている。スーティルはF1の開催地にマネージャと共に出向いてロビィ活動を一年間行って、結果的に以前に所属した同じチームであるフォースインディアのシートを獲得した。 虚々実々の駆け引きがあったことは想像に難くない。 今年の開幕戦オーストラリアでは素晴らしい走りを見せた。決勝は7位。途中でトップを走る場面もあった。但し現代F1ではピットストップ戦略の違い等によって意外なドライバーがトップを数週だけ走るケースがあるのも事実である。しかし、F1界では今回のこのトップという順位での快走を高く評価している。 先週末の第2戦マレーシアでは決勝リタイヤだった。 しかしスーティルへの評価は揺るがない。 もっと上に行けるドライバーだと思う。 さて、片や小林可夢偉がF1のシートを失って違うカテゴリーに移ったという事実がある。これをどう解釈するのか難しい。アロンソも「F1村から離れたカムイの復帰は難しいのでは」と言うし、フェラーリの浜島さん(元ブリジストン)は「速くても、抜く際にぶつかったりとトラブルの多いドライバーは評価されない」と手厳しい談話を寄せているようだ。もちろん、日本人として応援しているし苦難の道だとは思うが小林可夢偉も復帰を目指して欲しいと思っている。

共同ビル神保町の改装工事

水曜日, 3月 20th, 2013 Posted in オフィス, 神保町 | No Comments »

弊社の入居している共同ビル神保町の2階に大手の旅行代理店さんが新たに入るらしく、ロビーから2階の店舗に直接上がる階段を据え付けるという大掛かりな改装工事をここ一か月くらいやってました。 昼間は工事をやらないみたいで、平日は21時から、土日・祭日だけは昼間から工事やってました。今日も工事の職人さんがちらほらいらっしゃいましたが、形はほぼ出来上がっていますね。 普通のテナント(入居者)さんだとこのまでの改装をやらないでしょうが、旅行代理店という性格上なのでしょうか、お客さんが入りやすい導線を確保するための階段だと思われます。作るのも大変でしょうし原状回復もいくらかかるんだよと心配になります(>_<)

まさかのDesignated

日曜日, 3月 17th, 2013 Posted in バカネタ | No Comments »

昨日の夜、ぼけーっとテレビを見ていたところ「情報7days」で、WBCの話題の時だったと思うのだが「Designated」という単語が突然飛び出してびっくらだった。 日本でもパリーグはDH制度を取り入れていて、これは攻撃の際にピッチャーに代わって打席に立つバッティング専門のプレーヤーを認めているルールのことである。野球を普通に見る人であればDHという言葉は必ず聞いたことがあるだろう。怪我等で苦しんでいた大リーグの松井選手がDHを受け入れざるを得ない等々の話題もあったものである。 しかし これが まさかの Designated Hitter の略であると知っていた人は少なかろうと思う。私も知らなかった。また、この「Designated」は私の世代では高校や大学で習った記憶もない。 ただ、ネットワークエンジニアであればこの単語は避けて通れない。 OSPFでDR(Designated Router)の選出が極めて重要な位置付けにあるからだ。 http://blog.garenet.com/hyochin/?p=534 番組ではタケシがこの単語を読もうとして「ディジ・・・」でそれ以上は発音しようとせずに流してしまった。designという単語から派生しているらしいので発音もデザインみたいな感じかというとそうでもないので、なかなか予想できない読み方である。 デジィグネイティッド この読み方でよかろうと思っている。昨日は「情報 7days」を見てた多くのネットワークエンジニアがドキドキしたことであろう。 バカネタを真面目な文体で書こうとしてとても疲れました。。

久しぶりに空のラック

土曜日, 3月 16th, 2013 Posted in ラボ環境 | No Comments »

約一か月ほど、ラック1本半くらいを使った検証作業を実施しておりました。構築作業のためにそれらの機材を送り出したのでラックが空になりました。 ちなみに元々この空白には弊社の検証機材が入ってましたので、明日にでも再度マウントしていく予定です。

2年経ち、やはり涙もろくなったと感じる

月曜日, 3月 11th, 2013 Posted in ガレ兵精神塾 | Comments Off

ちょうど一年前のこの時間に書いたエントリー http://blog.garenet.com/hyochin/?p=1389 自然災害には他にも様々なことがあるがやはりどうしても忘れることはできず思いが高ぶってくるのを感じる。年齢的なものなのかどうかわからないのだが、2年経ち、やはり涙もろくなったと感じる。 石巻工のマネージャー、木村さんだったか、あの笑顔を思い出すだけで今でも涙が出てしまう。 http://blog.garenet.com/hyochin/?p=1392 今日はヤフーのトップページが特別だ。下の方にスクロールさせるとメッセージがローディングされる。 前を向いて頑張ろう。

mpls graceful restart

木曜日, 3月 7th, 2013 Posted in バカネタ | No Comments »

以前から注目の検索キーワードがあって、「mpls graceful restart」でググった時に私のバカネタのページがトップだったのだが、だんだんと順位を下げてしまって現在では8ページ目になっている。ciscoやjuniper、IETF等のそうそうたるページを差し置いてトップだったのに。 http://hyochin.air-nifty.com/blog/2007/02/graceful_restar_ea7a.html 但し、順位を下げたことを報告しているページは依然として1ページ目に君臨しているので嬉しい限りである。 さて、真面目な仕事でちょいと「mpls graceful restart」をググる機会があったのだが、ふと、画像検索をしてみると、衝撃の事実を発見! そう、このページに貼っている画像がトップである。 いや、この状態をトップと呼ぶかどうかそれは知りませんが。

木工ボンド

日曜日, 3月 3rd, 2013 Posted in 未分類 | No Comments »

このようなものを使用するのはかなりシブイという印象でしょうが、実際に自分でもかなりマニアックかなと思います。なお、趣味で木工細工のようなことをやってるわけではありません。 できるだけ用途を絞り込んで適切な道具類を使おうと思っておりますため購入した次第です。そういえば 母親が紙細工で人形みたいなものを作ってた時に使ってた記憶があります。 パッケージが白いのですが、内容物はその通りの色です。でも乾燥するとほぼ透明になるのでとても驚かされます。 今回は木材同士を接着するのに使用しました。普段はそのような場合にもタッピングを打ったりして固定するのですが接着以外の方法が困難でしたので。

2月はあまり走れませんでした

金曜日, 3月 1st, 2013 Posted in 健康, トレーニング | No Comments »

1月に走った距離は250キロでした。 http://blog.garenet.com/hyochin/?p=1582 調子に乗って2月も頑張ろうかと思ったのですが、仕事がかなり忙しくなりまして、私自身が実務で働くことは少ないのですが何やかんやと時間削られまして、距離をカウントすることもやめてしまうくらいダメでした。 それでも月の半分くらいはジムに行ってますのでおよそ150キロくらい走ったはずです。平日は21時半までにジムに行かないと10キロ走れないので、ちょっとその時間は毎日は間に合わないんです。土日にまとめて走ったりなどしていますがそれでも目標に達することができず無念です。 3月も同じくらいの運動になると思います。それでも体調管理にはベストを尽くします。