ガレ兵のブログです

Archive for 2月, 2012

浜島の挑戦

土曜日, 2月 18th, 2012 Posted in レース | No Comments »

ブリヂストンの社員として長くF1に携わってきた浜島が、定年まで一年となったタイミングで電撃的にフェラーリに移籍した。彼は新卒からブリジストンで働いていたので、日本流で言えば転職だろうか。 「F1界で最も信頼された日本人」とまで言われた浜島は、その風貌からも親しみやすくいかにも嘘なんてつきそうにない印象を受けるのだが、実際にそうなんだろう。だからこそそこまで評価されるのだと思う。 wikipediaによると、あのシューマッハを「シューミー」と愛称で呼べるのは日本人で唯一浜島だけだという。フェラーリ時代のシューマッハをタイヤメーカーの立場から支え続けたのは有名な話だ。 2010年のチャンピオンに輝いた直後のベッテルに、浜島が挨拶に行くシーンがF1の特集でちらっと映ったが、戴冠直後で興奮状態にあり、様々な人たちと忙しく話をしているベッテルが、挨拶に来た浜島に何度も何度も頭を下げてお礼を言っているように見えたシーンがとても印象的だった。多くのF1ファンは涙が出たと思う。素晴らしいシーンだった。あの場面は語り継がれるのではないだろうか。 浜島は奥様に先立たれて、高齢なご両親の面倒を見なければという思いから、何度もフェラーリからのオファーを断っていたらしいのだが、最後に浜島の背中を押したのはそのお母様とのこと。 「あなたの残り少ない職業人生の邪魔をするつもりはないから、さっさと行きなさい」 ドライバー以外の様々な人生模様が交差するF1。 今年もF1から目が離せない。 開幕が待ちきれない。

久嶋啓太

火曜日, 2月 14th, 2012 Posted in ガレ兵精神塾 | No Comments »

相撲好きの間で、久嶋啓太という名前を知らない人はいないと思う。高校時代にアマ横綱に輝き、その存在は圧倒的だった。 私の中でのアマチュアナンバーワンは今でも久嶋啓太だ。 角界入りしてからは怪我もあって三役以上にはなれなかったが、確か、宮沢りえと婚約発表した直後の貴花田に勝って「俺も婚約中だ」とインタビューで言ったことがあったと記憶している。 久島海という四股名も格好良かった。 突然の訃報にとてもとても残念でならない。 まだ46歳。 私よりも若いのに。

帯電防止

月曜日, 2月 6th, 2012 Posted in 仕事 | No Comments »

私、今でも時々は現場作業に入ることがあります。その際に、メモリとかSFPの挿抜とかある場合にはそれなりに準備して臨みます。 帯電防止リストバンドは使い捨てのものでも良いかもですが、きちんとしたものを持っていくといいでしょう。

ハードウェアに強いこと

土曜日, 2月 4th, 2012 Posted in ラボ環境, ガレ兵精神塾 | No Comments »

今日は21時にジムが閉まるんで、やべぇ早く行かんと!と思って19時半くらいに会社から帰ろうとしたんです。で、ラボにいた社員に「じゃあ」と言おうとしてふとその社員が何してるか気になってしまいました。 どうもCat6500のVSS720に関するハードウェア的な問題で悩んでいるみたい。 ふむふむ。 確かに何かおかしいな。 STATUSとSYSTEMが赤くなっています。 ラインカード刺すとROMMONに落ちます。 私、ROMMONになると燃えます。 何とかしてやるぞと気合い入ります。 結局、ちゃんと正しく動くようになりましたけど、トラブルシューティングが楽しくなって夢中になっちゃってジムに行くのが遅れました(>_<) 土日は基本的に朝と夜で合わせて20キロ走るんですが、ジムに入るのが遅れて今日は18キロで打ち止めでした。楽しかったんだから仕方ない。 やっぱりCat6500はエンジニアを鍛えますね。ハードウェアに強いこともエンジニアに求められる大事な要素です。