ガレ兵のブログです

Archive for 8月, 2011

日本柔道の真髄

木曜日, 8月 25th, 2011 Posted in ガレ兵精神塾 | No Comments »

連日、世界柔道の放送が深夜にあるんで寝不足です。 いや、テレビ見てなくてもこの時間はまだ起きてる時間ですが。 今日の日本勢は特に素晴らしかった。 全階級で金メダルである。 日本柔道ここにあり。 美しい柔道である。 特に女子57キロ級の佐藤愛子の決勝での一本が光っていた。通常なら崩れてしまうところを、確かな技術に加えて、伝統の一本を狙う柔道で、対戦相手の背中を畳に見事に投げつけた。 北京での試合中に靭帯を痛めて負けた無念を、佐藤はロンドンで晴らすことはできるのだろうか。ただ、国内の層も厚く代表に選ばれるのかどうかすらわからない。 誰が選ばれても金メダルを、そして、一本を狙う柔道を見せて欲しい。 だからスポーツは面白い。

ケーブル自作

土曜日, 8月 20th, 2011 Posted in ラボ環境 | No Comments »

ケーブルは買った方が安いんじゃないかといつも思うけれど、でも、ローゼット加工なんかしたい場合には自作した方が安いと思います。加工済みのものは高いです。 ということで細かい作業を淡々とやっています。 平日にはあまりできんですし。 明日は残りのケーブルの作成と、タグ付けなどやる予定です。

引っ越しの準備などしておりました

木曜日, 8月 18th, 2011 Posted in オフィス | No Comments »

長らく更新をさぼっておりました。 すみません。 9月にオフィスを移転するためその準備作業に追われておりました。 その合間に深夜作業に私も入ったりして更新するタイミングを逸していました。 初盆で福岡にも戻りましたし。 そんな中でもジム通いだけは執念で続けておりまして、今は67キロ台で体脂肪率は16くらいです。結構落ちました。お菓子などは全く食べなくなりました。ハッピーターンとかを本能のままに食べてみたいと思っている今日この頃です。 現在、F1は長いインターバル中なのですが、次戦がベルギーのスパフランコルシャンですね。鈴鹿に次いで大好きなサーキットです。とても勇気を試される戦いです。 さて、今からケーブルを自作します。買った方が安い場合もあるんですけどローゼット付きを購入すると高かったりするので、そういうものは自作するようにしています。

体脂肪率は20を切った

金曜日, 8月 5th, 2011 Posted in トレーニング | No Comments »

こんばんは。トレーニング評論家のガレ兵です。 一カ月半ほどジム通いを続けていますが、何とか5キロほど体重を落としました。思ったよりも調子良く落ちている感じです。ジム通いを初めてすぐには体重は落ちないので、そう考えると一ヶ月で5キロ落とした計算でしょうか。 体脂肪率も20を切りました。 パチパチ。 以前は時速12kmくらいで走ってたんですけど、今は時速10kmも苦しいくらいです。まだまだ少しずつ頑張って負荷を上げていこうと思ってます。 一ヶ月で5キロ落としたのは、落とし過ぎのような気もします。そんなに激しく追い込みをかけた気もしないので不思議に感じています。 前回(5年ほど前)に減量した際には、大きな排気量のバイクに乗る目的があったので筋肉量も増やす必要もあってそのバランスに苦しんで徐々にしか落ちませんでしたが、今回はそのような特殊な目的も無いので今のところ体重を落とすことだけに集中しているので、こんなに落ちるんでしょうか。 今はジムで筋トレをやらずに自宅でダンベルだけですが、体重があと1.5キロほど落ちたらそこからジムワークでも筋肉を増やすことをやりながら、体を作っていきたいです。  

キヨナーリ

月曜日, 8月 1st, 2011 Posted in レース | No Comments »

昨日鈴鹿で開催された8時間耐久レース(通称ハチタイ)はホンダ系の有力チームであるTSRの優勝で終わった。現在は不況の影響もあり、メーカー直系のファクトリーチームは参加していない。 秋吉、伊藤、清成の3人で構成されたチームである。 伊藤選手は 伊藤真一の決意 というエントリーで書かせて頂いたこともある。 秋吉選手は長く開発を努めてきたライダーであるが、宇宙人というあだ名を付けられているくらい、異次元の速さを見せつける存在である。昨シーズンの全日本チャンピオンである。 そして清成選手。 日本の至宝とも言われた加藤大治郎が鈴鹿モトGPのレース中の事故が原因で亡くなった後、清成選手がその後を継いでシーズンを闘ったのだが、目立った成績を収めることができなかった。 しかし、ホンダがの長期的な育成という意味だったのだと思うのだが、参加するレースを変えて海外で走り続けていた。清成選手の衝撃的な走りの映像がyoutubeにアップされている。 http://www.youtube.com/watch?v=KycZk1M7g24&feature=player_embedded#at=44 アナウンサーが興奮して「キヨナーリ、キヨナーリ、ジャポネーゼ」と叫んでいる。 秀逸なバランス感覚が無いとこんな走りはできるはずはない。 いや、バランス感覚だけでできる事ではない。 まさに衝撃。 そのキヨナーリは昨日の決勝の序盤で実は転倒している。幸いダメージが少なかったためタイムロスは最小限だったらしいのだが、それでもキヨナーリは攻め続けて自分が失ったタイムを取り戻すべく、素晴らしい走りをしたようだ。 いつか、また、世界の最高峰レースであるモトGPに戻ってその走りを見せる日が来るのではないだろうか。