ガレ兵のブログです

Archive for 5月, 2011

ゴルゴ13コースター、その後

日曜日, 5月 29th, 2011 Posted in バカネタ | No Comments »

鳴り物入りで導入されたゴルゴ13コースターだが、全く、予想通りではあるのだが、下記のような寂しい感じになってしまった。 危なかしくって、上に飲み物を置けません。。。

レーシック後、一年が経過しました

土曜日, 5月 28th, 2011 Posted in 未分類 | 2 Comments »

レーシックで視力を矯正して一年が経過しました。快適そのものです。周囲でもレーシックした人が結構いるのですが、そのうちのひとりが 「今までの人生で、出費に見合った効果という点では間違いなく一位だ」 とおっしゃったのですが、私もそう思います。 なぜもっと早くやらなかったのかと後悔するほどです。 ちなみに私は1.2くらいを狙って視力を矯正しましたが、ほぼその通りになっています。年齢が結構いってるので、2.0とか狙うと近くが厳しくなったりとかしますので。。。

今日は機材の配達

日曜日, 5月 22nd, 2011 Posted in 仕事 | No Comments »

今日(土曜)、お客さんから突然携帯に電話がかかってきて、何でもトラブルが起きてるとのこと。特に保守の責任があるということではないのだが、とても困っていらっしゃるようなので、まずは社員が現地入りしました。 そこで障害の切り分けなどをやると、暫定的にスイッチが数台必要らしい。 ふむふむ。 機材なら任せてちょーだい。 ということで、私が営業車に積んで機材を配達致しました。 暫定対応完了とのこと。 パチパチ。 でも、3560クラスのスイッチを3台も抱えると結構重かったです。

伊藤真一の決意

火曜日, 5月 17th, 2011 Posted in ガレ兵精神塾, レース | No Comments »

全日本選手権第1戦鈴鹿大会での伊藤真一の活躍が一般紙である読売新聞に載っていた。 被災のオートバイ元国内王者、復帰戦で3位に 自らも被災し、親類も7人が津波などで死亡し、お母さんも直後にがんで亡くしていた。その状況で伊藤真一は被災地に物資を運ぶ活動を続け、全国のレース仲間たちも全国から物資をリレーで現地に送り込んでいた。 伊藤真一は本来は昨年で引退を表明していた。 「自分がレースを走ることによって、被災者のみなさんを少しでも勇気づけることができれば」という思いで開幕戦への出場を決めていた。レースはスポーツであり、トレーニングもままならなかった伊藤真一は体調面ではきつかったと思うのだが、さすがは世界のトップを走った男である。堂々の表彰台に立った。 伊藤真一は今年の鈴鹿八時間耐久も走るとのこと。 並々ならぬ決意を感じる。 頑張って欲しい。 (*)いちレースファンとしては「伊藤真一」という呼び方が一般的なので敬称を略させて頂きました。

ゴルゴ13コースター

日曜日, 5月 15th, 2011 Posted in バカネタ | 2 Comments »

私、タバコを吸わないこともあって結構頻繁に何か飲んでます。 ベローチェでアイスの飲み物買って持ち帰ると、コースターが必要です。 ということで愛用のコースターがこれ。 Don't stand behind my back!の文字が泣かせます。 でも、このコースターですが「濡れた後で乾くと、ふやけたりします」などと説明があって、それじゃダメですやん、と思うのは私だけじゃないと思います><  

機材を廃棄する

水曜日, 5月 11th, 2011 Posted in ラボ環境 | No Comments »

古い機材などはやはり一定の確率で壊れていきます。 ターミナルサーバなどが軒並み壊れたので廃棄することにしました。 小出しで廃棄するよりも複数台を処分した方が安かったりするので一気にやります。

国産技術の凄み

日曜日, 5月 8th, 2011 Posted in ガレ兵精神塾 | No Comments »

ガイアの夜明けで「日本の職人技術の復活」みたいな内容をやっていたんですが、その中でセイコーウォッチの職人の話しがありました。 私、頑張って頑張って資格に合格した際にオメガのスピードマスターを購入して、そのまま10年間ずっと使用しています。装飾品ではなく時計として使用しているので、いろんなところにぶつけますし、結構、ボロくなっています。 町なかで走っていてもんどりうってこけたことがあるのですが、その時にスピードマスターを地面にしこたまぶつけてしまって、削れてしまったりしてますし。 それでそろそろ買い換えようかと思っているのですが、震災とかもあって日本製を買おうと強く思っていました。できればセイコーウォッチを買おうかと。そう思っていたところにこの特集でした。 http://www.credor.com/lineup/sonnerie/gbls998.html http://www.seiko-watch.co.jp/whatsnew/baselworld/201103/02.php この腕時計(発売前)は鐘の音で時を告げる機能を持っているのですが、その音がこれまた素晴らしい。鉄の素材にもこだわって、鉄を作ってくれた鍛冶職人に音を聞いてもらうところなどは日本の職人技術の誠実さなども感じることができて、番組自体も素晴らしい内容でした。 風鈴の音の余韻を感じる事のできる腕時計。。。 究極過ぎます。。。 私、こういうのに特に弱いです。 で、これが30万くらいなら無理して買うかとか、ドキドキしようかと思っていたところ、、、 3300万円(税抜き)ですと。 福岡なら家が買えますやん。 初年度3本の販売予定ですと。 国産技術の凄みだけ感じて、身の丈に応じた時計を買うことにします。

革が好き

金曜日, 5月 6th, 2011 Posted in ガレ兵精神塾 | No Comments »

私、ブランド物には全く興味が無いのですが、革が好きです。これはバイクでレースをしている(していた)人間には共通かもしれません。私のような素人でも新品の革ツナギを過去に何着か作っていますが、特に新品の時の何とも言えない革の匂いには魅せられるものがあります。革は手入れとしないと状態が悪くなるので手間もかかりますが、バイクのレースでは革ツナギ以外の防具は認められていません。それほど頑丈でとても安全です。 何度も革ツナギがボロボロに破れるほど転倒しましたが、私は大きな怪我を負ったことがありません。いつも助けられました。最近のツナギは内部のプロテクションに使用される素材も進化して、体にダメージを負わない研究がなされていますが、基本は革です。 さて、いつも使っている財布がかなりボロボロになってきたので、いくらなんでも身だしなみの観点からも買い替えじゃろうということで、土屋鞄製造所に買いに行きました。財布は国産のものですので大した価格でもなく、とても満足のできる長財布を購入しました。めでたしめでたし。 ところが、ふと、ディスプレイを見ると、こ、こ、これは?と思わせる一品が置いてありました。総革製のランドセルです。 普通に革製のランドセルは他社製でも売ってありますし特段に珍しいものではないかもしれませんが、全体から漂う雰囲気が上質に感じました。 つい、高いところにディスプレイしていた商品を出してもらって、隅々まで見させてもらいました。素晴らしい。くーっ。