ガレ兵のブログです

Archive for 7月, 2010

慌ただしく、今日は成田に来ております

金曜日, 7月 30th, 2010 Posted in JAL | No Comments »

父親の件で慌ただしく過ごしておりましたが、今日は成田に来ています。あまり寝てないので営業車を運転して移動中はきつかったです。 父親の件では、いろんな後悔が頭を巡っているのですが、請け負っている構築の仕事も忙しくって、今週はギリギリの状況でしたが、仕事はきちんとやりました。 今日は子供の見送りのため成田に来たんですが、来月からは自分の出張のために結構頻繁に来ることになるかもです。ちなみに子供が乗るのは伝統のJALさんです。数週間前に弊社のRyoがSPの受験のために乗っていった便と同じです。

書籍の出版予定などがあるのですが

火曜日, 7月 27th, 2010 Posted in 仕事 | No Comments »

弊社では近々にとある書籍の出版予定がございます。実はかなり前に原稿は書きあげておりまして、出版社側の事情など様々ありまして遅れております。 視力が著しく落ちたのはこの原稿作成のためです。 ある期間、集中してやったものですから。 それでレーシックやることになりまして。 私だけではなく社員数名で書きました。 QoSに関する箇所などは実際にトラフィックジェネレーターでパケットを作り出して確認しながらの作業でした。その他の部分も全て実機で動作の裏を取ってやっています。 当社でセミナーを実施した際などに「そろそろ出版します」みたいなことを案内していたため、「まだですか」などと問い合わせもあります。 その製品に関する構築の仕事を請け負うこともあるのですが、自社で書いた原稿を見ながら仕事しています。  

会えてよかった

月曜日, 7月 26th, 2010 Posted in 未分類 | Comments Off

父親が倒れた。先週の木曜の朝に連絡があり、昼にはもうICUに入っていた。救急車で運ばれたが脳に決定的なダメージを負ってしまい、自発呼吸ができず人工呼吸器を付けられたと聞いた。 もう何年もかけて症状が悪化し続けていたので心の整理は付いている。 ただ、死に目には会えないとしても、その前に最後に会っておきたかった。自分が実家に戻るまで待っていてもらえるのかわからない。ただ、どうしても空けれない仕事があり、すぐに戻れない。神奈川に住む兄貴が先に戻ると連絡が入った。木曜の夜遅くには病院に着いたらしい。まずはひと安心。 私が戻れるのは金曜の深夜便。 血圧も決定的に低いらしい。 それまで待っていてもらえるのか。 土日でやる仕事が大量にあったのだが、社員に無線ソリューションに関する検証を任せたのと、移動の時間でもかなり仕事ができる事は経験上わかっていて、あとは睡眠を削ればなんとかなると思った。 金曜日の深夜、もう暦では土曜の朝だが何とか病院に着いた。 よかった。 お医者さんの話を聞いても何ら楽観的な事はなく、淡々とした説明だけ。 意識が戻ることはないことははっきりと宣告された。 土日で何度か会いに行ったが、さっき東京に戻った。 意識があれば「仕事に戻れ」と言うはず。 また、仕事がんばろ。

携帯が壊れまして

火曜日, 7月 20th, 2010 Posted in 未分類 | No Comments »

先日、携帯が壊れました。 まず、私は仕事で結構ヘビーに携帯を使いますので、万が一の事を考えてバックアップ機を持っています。ある意味当然かなと思っています。 ところが社員の携帯が壊れたので困っているだろうと思って私のバックアップ機を貸しておりました。その状態で、その社員から電話がかかってきたので、スタバでお茶をしていた私はなんだなんだと思いながら、テーブルの上に置いていた携帯を取り上げようとしたところ、うっかりと手が滑ってフロアに落としてしまいました。 それで液晶が壊れて何も表示されません。 困ったけど社員とは通話できました。 さて、電話切ってどうしようかと思いましたが「バックアップ機を返してもらわないと!」と思って、一番上の着信履歴に電話かける操作を、手探りで操作して何とか社員に電話しました。携帯を貸していた社員からの電話で、自分の携帯を壊してしまうなんて。 数時間後にバックアップ機にFOMAカードを差し替えて無事に復旧。 翌日、買い直さないといけないと思ってドコモショップに行ったところ「携帯が壊れた際にすぐに交換してもらえるサービス」みたいなものに加入していることを知りました。携帯って高価なんでできれば出費を避けたかったのでそのサービスで5000円払って、今までの機種のリフレッシュ携帯(電池は新品)が翌日の朝には届きました。外装も新品なので全くの新品のようです。素晴らしい。でも、かなり前の機種ですが。。。 ということで、壊れた携帯と、リフレッシュ携帯、さらにバックアップ機です。電話帳などはドコモのツールを利用して移行しました。液晶見えなくても何とか操作しまして。 これで一件落着かというと甘くって、オサイフケータイとして使っていたのでその移行をしなくちゃ。モバイルSUICAは楽勝でしたけど、Edyは旧携帯で操作しなければ移行できません。さらにドコモさんには壊れた旧携帯を10日以内に返却しないといけません。なのでゆっくりとEdyを使う余裕がないんです。結局、ドコモさんから壊れたという証明書を発行してもらって書面でのやり取りで移行させないといけないということになりました。2万円くらいチャージしているんで捨てるわけにもいかず。 でも、バックアップ持っていた本当に良かった。壊れた夜に、構築の現場でトラブルが発生して、バックアップ携帯でずっと話をしていました。無かったら結構つらかったです。  

社員がCCIE SP合格!

火曜日, 7月 13th, 2010 Posted in 海外受験, CCIE | No Comments »

快挙の知らせが舞い込んできた。 昨日シドニーでSPに挑んで、先ほど帰国してきた弊社の社員から電話かかってきて「合格しました!」と。 我が社員ながら素晴らしいと思う。 なんと海外渡航自体が初の体験なので、よくわからないみたいだから、一緒に格安航空券を「あーでもない、こーでもない」と探したのが数ヶ月前。スーツケースも持ってないから、ネットで「あーでもない、こーでもない」と検索しながら「これくらいでいいんじゃないか?」なんてアドバイスしたり。 試験以外に気を遣うことがたくさんあって大変だったろうと思う。 自社の社員が海外受験に行くことになろうなんて思ってもなかった。フライトは結局JALになった。出発時間はもちろんわかっているから、こそっと成田に駆けつけて「励ます会」でもいきなり開催しようかと思ったが、土曜の夜から日曜の朝にかけて請け負った深夜作業があり、それに私も参加する必要があったため実現できなかった。電話だけかけて「頑張れ。でも合格するなんて全く期待してないから気負わずに。」と告げた。 LS1010やたくさんのルータ/スイッチで構成されているラボをリモートで使用して勉強しているのだが、いつもは使う時だけ入れさせる電源を、受験前の一週間は少しの時間も惜しいだろうからと、ずっと電源を入れっぱなしにさせておいた。会社から応援できることはこんな些細なことだけ。あとは本人が頑張るだけ。 いつログインして勉強しているのか、ログでわかるのだが、壮絶な時間帯に勉強しているのはわかっていた。まだ若いからできるのかわからないのだが、とにかく努力しているのはわかっていた。 電話の最後にヤツは 「これで終わりじゃないですから。これからもよろしくお願いします。」 だと。どこまで頑張るんだよ。

公用語はIOS

木曜日, 7月 8th, 2010 Posted in Juniper, シスコ, バカネタ | No Comments »

楽天、ユニクロといった日本を代表する企業が、今後のグローバル化を睨んで社内の公用語を英語にするというニュースが流れている。 ふむふむ。 それを聞いたスクエアエニックスの社長が「英語を社内公用語にするくらいならC言語にしてやる」と言ったらしく、これもまた示唆に富んでいて面白い。 で、これ、弊社のような会社なら、当然のように 「英語を社内公用語にするくらいならIOSにしてやる」 もしくは 「JUNOSにしてやる」 くらい叫ばないとイカンのだろう。 で、イカした使用方法を例文として提示しようと思ったけど、どうも、うまいサンプルを思いつかない。企画失敗ですな。 しかし、会議の終了時とか、いわゆる「お疲れ!」みたいな時に使うIOS公用語なら疑うことなく決まっている。 wr だろうよ。異論の余地は無いはずである。 プロなら最後に絶対に忘れることなくwriteするものである。 いや、暇さえあればwriteするのが正しいのだけど。

ナイトサファリで仕事をする

火曜日, 7月 6th, 2010 Posted in シンガポール | No Comments »

前回のシンガポール訪問時に「ナイトサファリで仕事をする」というブログネタを仕入れるためだけに、サファリに行って参りました。 ひとりでの出張なんですが、昼間に現地のバナナさんたちとミーティングした後で時間が空いたので、夕刻からナイトサファリの行き方など調べて行くことにしました。バナナさんは別件の仕事があり、同行できず。 タクシー乗って行き先を告げると「友達はいないのか?」という突っ込みですよ。 うるせぇよ。 オッサンひとりだとダメなのかよ。 とか思いながら、「いやぁ出張でね、ひとりなんスよ」みたいにやり取りしながら無事に到着。チケット売り場ではオッサンひとりで並んでいるわけで、かーなーりー恥ずかしかったです。外人からの視線は気になりませんでしたが、同じ日本人からはかなり変な目で見られたような。 無事にチケット購入。 ふぅ。 どこで仕事しようかと探したんですけど、辺り一面とても暗いんですよ。ナイトサファリなんで当然でしょうけど、明るいカフェでもあればと思ったけど、カフェの前でショーみたいなことをやっていてとても仕事という感じではなく。 仕方なく、着いてすぐにトラム(園内を周る乗り物)に乗ったけど、フラッシュ禁止なんで写真が撮れんとです。トラム出発前で、まだ明かりがある状態でやっと一枚パシャ。 結局、あまり盛り上がることもなくそのままトラム降りてホテルに戻ってから仕事した次第でございます。  

バナナが日本復帰

月曜日, 7月 5th, 2010 Posted in シンガポール | No Comments »

シンガポールで頑張ってもらっていたバナナさんですが、プロジェクトにひと区切りがつき、また、弊社の国内の仕事が大変忙しくなってきたことも重なって、日本に戻ってくることになりました。 シンガポールの仕事は継続してやっていきますが、まずはバナナ復帰ということです。 元々、海外指向だったことはありましたが、異国の地で大変だったと思います。 日本でしばらく活躍してもらって、再度のチャレンジの際にまた、、と考えています。

スアレスの執念

土曜日, 7月 3rd, 2010 Posted in ガレ兵精神塾 | No Comments »

 ウルグアイ代表のスアレスは、準々決勝のガーナ戦、後半ロスタイムにゴール線上のボールを手でかき出して一発レッドカード(退場)になった。さらに相手にPKが与えられる。 ペナルティエリア内でこんなことをすればレッドカードとPKくらい、もちろん理解の上での行動だろう。 しかし後半ロスタイムで同点というシチュエーションでは、そのレッドカードでの退場の持つ意味も様々な解釈があるだろう。恐らくは、手で触れなければ得点が決まっている。既に後半のロスタイムということは、それで試合結果を決定する可能性が高い。だったら退場でPKになってでも、という判断だろう。PKが決まるかどうかはわからないのだから。 褒められる行為なのかどうかわからない。 ただ、結果としてガーナのPKは外れた。 そしてそのまま延長も終了して、PK戦となった。 運命のPK戦はウルグアイが勝った。 スアレスは「このワールドカップで最大のセービングだった」と語ったらしいのだが、意見はわかれるのだろう。 しかし、その執念には、サッカーの盛んな国であるがゆえの心の強さみたいなものも感じることができた。 もちろんスアレスは次の準決勝には出場できないのだが。

ゴトゴトという音

木曜日, 7月 1st, 2010 Posted in バカネタ | No Comments »

弊社の入っているビルはそんなに高級な物件というわけでもないので、結構、上のフロアから音が聞こえてきたりします。極端に大きな音は聞こえませんが。 入居してもう一年くらい経つのですが、どうも、ゴトゴトという音が聞こえてくるんですよ。ある時、はっと気が付いたのですが、これはトイレットペーパーを引き出している音だと。ただ、私の真上くらいから聞こえてくる気がするんですけど、レイアウトが一緒ならばそんなところにトイレは無いはずです。でも、特殊なレイアウトを採用しているのかな、とか。 それが頻繁にゴトゴトというわけです。 どれほどトイレを使っているんだよ。 次から次に使っているくらいに思うわけです。 社名から何となく業種がわかるんですけど、そんなに訪問者が多いような業種ではないだろうし、かといって、従業員さんがそんなに頻繁にトイレに行くのか、???です。 最近、謎が解けました。 私のそばに置いているHDD(NAS)がゴトゴトと音を出してただけでした。。。 ちゃんと施錠しているキャビネットの中に収納しているので、まさか、音が外に漏れていると思わず、てっきり上からの音だと思いこんでました。 一年間、どれほどトイレ好きの人たちなのかずっと疑問だったのですが、ほっとしています。