ガレ兵のブログです

Archive for 6月, 2010

サッカーに間に合った!

金曜日, 6月 25th, 2010 Posted in 未分類 | 2 Comments »

今日(というか昨日か)は夜間作業で、そのまま今の時間まで拘束されておりました。何とか構築終了し、戻って参りました。 今日は何とかサッカーに間に合いました。 で、なんとこの時間で日本が2点取ったとですよ。 素晴らしい。 サッカーが終わってから少ししたら羽田に向かわないとイカンのですけど。

you are very tired

火曜日, 6月 22nd, 2010 Posted in シンガポール, バカネタ | No Comments »

全国出張生活をしていた時期があって、ほぼ東横インに泊まり続けていたんですけど、体がとても疲れるのでついついマッサージなどを頼んでしまうわけです。 初めてマッサージを受けた際に「いやぁ、こんなに凝ってる人は初めてですよ。」と言われたんですけど、そうじゃろうそうじゃろうと、とても嬉しかったわけです。 それから、高い確率で同じことを言われるので「俺はとても仕事で疲れているから凝り方がハンパではない」と妙なプライドが芽生えていたんです。 ところがある時にマッサージ師さんが 「とても凝ってるっていうと、ほとんどのお客さんが喜ぶんすよ」 と言ってしまったんです。真相はそういうことです。みんなに同じことを言ってるだけのようです。 さて、前回のシンガポール出張中、帰りの深夜便は1時くらいのフライトなんで、仕事が終わってから強大な時間が余ってしまって、そのまま空港に行っても時間を持て余すし、どうしたもんだろうと悩んでいて、ハッと「ホテルのスパの様な高価なものではなくローカルの人が行くような安いマッサージを受けよう」と思い立って行って参りました。 ネットで調べて電話で2時間コースを予約して準備万端。 まぁ、とてもくつろげるわけですし、その割には安価なので満足感は大きいです。こりゃ、今後も使えるな、と思っておりました。 その時、、、マッサージ師さんが 「you are very tired」 とおっしゃいました。こういうのは万国共通でお客を喜ばすようですね。

シンガポールフライヤーで仕事をする

月曜日, 6月 21st, 2010 Posted in シンガポール | 2 Comments »

シンガポールには「シンガポールフライヤー」という観覧車があって、休日には結構混み合うようです。今回(と言っても私がシンガポールネタを書くのは現地滞在中には書かないというポリシーがあるので今は日本です)、既にホテルをチェックアウトし、仕事をする場所も特になく、しかも打ち合わせの時間までかなりの時間が空いたので、「シンガポールフライヤーで仕事をする」というネタをブログに書くというだけのため、フライヤーに行って参りました。 しかも、そのあとで打ち合わせがあるのでスーツにネクタイという格好で、さらに一人ですよ。スーツケースはホテルに預けたままですが。 あくまでも目的は「シンガポールフライヤーで仕事をする」というネタです。singtelのモバイルモデムが届くだろうという推測のもと、仕事しようと思ってました。 ところがですね、フライヤーはF1シンガポールGPの市街地コースの中にあるんで、その辺りが一望できるわけです。普段は普通に車が走っていますけど、ここが最終コーナーだ!とかおおよそはわかります。 ということで、結局、興奮してしまって全く仕事もせずに一周して終わりました。ドリアンの形をした有名な建物も上から見ることができました。 なお、日本語ガイド付きです。  

絶対に負けられない仕事がある

日曜日, 6月 20th, 2010 Posted in 仕事 | No Comments »

サッカーファンの皆様こんにちは。私は2回のワールドカップ日本戦は両方とも仕事で見れませんでした。絶対に負けられない仕事があったからです。。。 構築とか検証の仕事が忙しく、ブログ更新もおぼつかない状況で、サッカーも気になっていたのですが、結果のみドキドキしながらネット等で見ておりました。 この土日もロードバランサー関連の仕事で検証しておりまして、先ほど社員が昼飯を食いに出ようとしていたのですが、ブログ更新のため同行するのはやめて「たらみのゼリーを買ってきてくれ」とだけ頼んでオフィスにおります。ウソです、ブログ更新のためだけに昼飯に行かなかったわけではありません。新たな見積りとか庶務作業が多くって。 ラボでも別の仕事をしているので、今回の仕事で使っている機材はオフィスの中に持ち込んできております。目の前で結構うるさいファンが何個も動いているんでデータセンターにいるような気分です。

列に並んでイライラしない

火曜日, 6月 15th, 2010 Posted in バカネタ | No Comments »

日本人って、買い物のレジとかで並んでいる時ってイライラしてる人が多いですよね。何列かあって、どれに並んだら一番早いのかわからん場合などには、自分の読みが外れたら途端にイライラしているみたいですし、私もそういう傾向あります。 でも、民族によるのかわかりませんが、日本人に比較して、という言い方では外国人はあまりイライラしているように見えません。余裕で待ってるように見えます。 隣の列が全てハケてしまって、どう見えてそちらに並び直した方が良いのは一目瞭然なのに、そのまま並んで待ってるようなノリを感じます。 イライラするのと短気なのは一緒ではないとは思いますが、短気であるが故に文明が発達するということもあるように思いますし、そのような日本人なんで今までそこそこ反映してきたのかな、となど思いを巡らしながら、いつもイライラしながら並んでいます。

起動時に電力を食いますか

土曜日, 6月 12th, 2010 Posted in ラボ環境 | No Comments »

ルータとかスイッチの消費電力をカタログで調べることはよくあると思う。お客様から数値を求められることも多いはずだ。 その際、感覚的にだが「起動時には定格いっぱいまで使うだろうけど、定常状態ではそんなに電力を食わないのではないか」と思っているのではないだろうか。私もそうである。 今週末からラボをほぼ24時間ずっと電源を入れっぱなしにすることになるので、やはり電気代は気になるので計測してみることにしたのである。 夢中になりすぎたので画像は無しである。 驚きの事実なのだが、起動時でも定常時でもほとんど同じである。 モジュールに何を積むとかそういうのにも依存する可能性はあるが。 何か設定して動作させると電力食うとかあるのかな。。。 機種にもよると思うのだが、1Uタイプのルータを12台程度、スイッチを5台程度動かして、常に8~9アンペアくらい流れているくらいの感覚である。自宅でラボを構築する人などは参考になる数値ではないかな、と思う。 サーバ機などは1台でも結構食うようである。 今回は数カ月単位での電気代を知りたくて、かなりの台数の機材を大まかに分けて一緒に測定したのだが、これは面白いので気になる機材などは個別にやってみようかと思っている。 なお、この季節は空調も苦しくなるのでエアコンも入れてなければならない。家庭用と違って動力電源なので素人が簡単に予測できないためビル管理事業者に問い合わせなどしたのだが、これは意外にあまりお金がかからないという印象である。

シンガポール便はいつも満席

火曜日, 6月 8th, 2010 Posted in シンガポール | No Comments »

ここ半年くらいはシンガポールに結構頻繁に行っております。しかし、楽勝でフライトを確保できたことは少ないです。ほとんどは直前になって行く日が決まるという事情もあってのことだと思いますが、「いつも満席」というイメージがあります。 さて、今回もかなり苦しみまして、ソウル経由や北京経由など様々なパターンを模索してもどうしてもダメで、福岡空港経由で一席を確保した次第です。ふぅ。 福岡空港の国際線を利用するのは三度目です。とても地味です。。。 ちなみに、いつも満席なのは往路であって、シンガポール発の便は空いていることが多いです。どういう人の流れなんだろ?と不思議です。

4期目に向けて数名の社員を募集します

金曜日, 6月 4th, 2010 Posted in 人材募集 | Comments Off

弊社は今月末で3期目を終えて、4期目をスタートさせます。 おかげ様で順調に事業を拡張しております。 現在、数名の社員を募集しております。 ご興味のある方はまずはご連絡を頂ければと思います。 どうぞよろしくお願いします。

openはオッペンとは発音しないようだ

金曜日, 6月 4th, 2010 Posted in バカネタ | No Comments »

ある会社で働いていた時に同僚がUNIXのopenコマンドを「オッペン」と発音していた。私よりは確実にUNIXに対して造詣が深いエンジニアだったのだが、恐る恐る「オッペンと発音するものなの?」と聞いてみると「UNIXを使い慣れたヤツは、普通はオッペンと発音するんやで。知らへんの?」と自信満々だったので納得してしまった。もう15年以上前の事だと記憶している。 何でこんなことを思い出したかというと、最近、Cat65のSUP720をオペレーションする必要があって、disk0とdisk1に挿しているコンパクトフラッシュのことが話題に出たからである。 電話で社員と「disk0のコンパクトフラッシュを、、、、」と説明するのに、私はdisk0を「ディスケイゼロ」と発音するようにしているのである。何でかというと、シスコの仕事という事ではなくPCとかサーバとかそんな事に関係してdiscとdiskという2つのメディアを勘違いしないように敢えてそのように発音していた時期があって、シスコではdiscというコマンド(引き数)は無いと思うのだが(あったらすいません)、癖みたいなものである。 なので、私は下記のシスコのコマンドは「ディア ディスケイゼロ」と発音している。 dir disk0: 閑話休題 それで、そういえば「オッペン」なんてのもあったなぁ、、、と思いだし、あれもそういう類いなのか、いやいやopenなんて他に間違いやすいコマンドもないし、UNIXのスペシャリスト達は何でそんな発音なんだろうと、今になってGoogle先生に聞いてみました。 ところが。。。 Google先生の検索結果ではそもそもそんな流儀は無いような。。。 Google先生への問い合わせ方法が悪いのか。。。 「知らへんの?」という、あの時の同僚の自信満々さが今になって妙に忘れられなくって。

頑張らない人が増えている

木曜日, 6月 3rd, 2010 Posted in ガレ兵精神塾 | 2 Comments »

具体的に誰がとか、そんなことではないのだが、最近は頑張らない人が増えているように思う。何に頑張るのか、それは仕事であったりプライベートで打ち込んでいるものであったりしていいと思うのだが、決意が見えない事が多いように思う。 オッサンの戯言としてしか若者には聞こえないと思うのだが、同年代の方々は共通して思っていることじゃないのかな、と思っている。