ガレ兵のブログです

Archive for 8月, 2008

第1回Juniセミナー開催

土曜日, 8月 30th, 2008 Posted in ガレセミナー | 2 Comments »

本日、「第1回Juniセミナー」を開催しました。雨が降ったりやんだりと不安定な天候の中、ご参加頂きました皆様には感謝致します。 別途のお知らせをする予定なのですが、実は、ガレセミナーでいつも使用している会場は一貫して同じ場所なんですけど、この場所での開催は最後となります。 次回の開催は、、、 新オフィス? 今回の内容のJuniセミナーも継続してやっていくつもりですが、今後はもう少し、実際の設定にフォーカスした内容もやっていくつもりです。 今回は機材をセミナー会場に運んだのですが、結構大変でした。今後は機材を置いてある場所でセミナーも開催できるように考えていますので、深い内容のものもできると思います。 セミナーの前後はスタッフの皆さんにメシとかお茶をおごるのですが、 http://blog.garenet.com/tomo/?p=316 昼飯で結構な量を食べている私は、セミナー後にお茶する時にデザートなんて食べれないわけです。そんな本能のままに生きている人間は負け犬だと思うのですが、TOMO氏などはパクパク。いったい、どれほどのカロリーを食ってるんだよ。 ということで、本当にありがとうございました。

J-Partnerのウェルカムキット到着

木曜日, 8月 28th, 2008 Posted in Juniper | 2 Comments »

今日、J-Partnerのウェルカムキットがオフィスに到着しました。 シスコのネックストラップを紛失した翌日に、J-Partnerのネックストラップが届くというのも何かを暗示しているのかわからんのですが、ジュニパーのストラップは別途持っているので、今日からはそれを付けています。 週末にJuniセミナーも開催するので、気合い入ってマッスル!

シスコのストラップ紛失、、、

水曜日, 8月 27th, 2008 Posted in Juniper, シスコ | No Comments »

今日、Juniperさんに用事があって行った際に「こりゃまずい」と、シスコのストラップを外して打ち合わせしたんですけど、その際に慌てていたんで上着のポケットかどこかに乱暴に放り込んだんです。 その後、あちこちグルグル回っているうちに、どこかでストラップを落としてしまったようです。。。 まだ新品のスペアは持っているんで何とかなるんですけど、かなり凹んでます。

走るのが怖くなった

火曜日, 8月 26th, 2008 Posted in トレーニング | 2 Comments »

こんばんは。トレーニング評論家のガレ兵です。 最近、ジムに行く回数が激減している。原因ははっきりしていて、仕事がそこそこ忙しく、ジムに行くのだったらこれをやっておこうとか思ってしまって、なかなか通えない。 月に5~6日程度行っている感じだろうか。 それで走るのが怖くなったのである。 そもそもジム通いが楽しいと思ったことは一度もなく、苦痛なのだが、それでも体重を落として遊びたいという一心から頑張ってきた経緯がある。 一週間ぶりくらいにジムに行くと、「今日は10キロを走破できるだろうか」とかの恐怖感が湧き上がってきて、結果として、行くのにも勇気がいるということになってしまっている。 それでも走っているけれども。 私が体重を落とせたのは、圧倒的な運動量によるカロリー消費があったからこそなので、この状態では消費するカロリーが減っているのは明らかなんで、どうしたもんだろうと思っている。 筋トレは自宅でできるので、これでカロリー消費を増やそうかなど、思案中である。

フランスにも柔道の心があった

日曜日, 8月 24th, 2008 Posted in ガレ兵精神塾 | No Comments »

オリンピックも終了した。 心に残る試合があった。 柔道の谷本とデコスである。 http://blog.garenet.com/hyochin/?p=424 これは、もちろん試合内容も素晴らしかったのであるが、それ以外にも素晴らしいと思う事があったからこそ、オリンピック期間中、唯一の関連エントリーとして書いたのである。 決勝の相手選手はフランスのデコス選手。ジュニア時代からも含めてお互いがその存在を認め合う選手同士。 結果は前のエントリーに書いた通りで、文句の付けようが無いほどの切れ味の一本勝ち。 そもそもフランスはとても柔道が盛んな国である。確か、柔道の競技人口は日本よりも多かったのではないだろうか。そういえば、解説の篠原をシドニーの決勝で破ったドイエ選手もフランス人だった。ただ、この判定は、のちに「ドイエはコントロールを失ったが、篠原の内股透かしも投げとは認められず、お互いにポイントを取っていない。つまり、判定ミスである。」という裁定が下ったと記憶している。 さて、谷本に投げられたデコスは放心状態でしばらく立ち上がれないほどのショックを受けた様子であったが、何度か主審に促されて、何とか立ち上がった。一礼を交わしても、まだ敗戦が信じられないほどの状況に見えた。 それに対してフランスの応援団は、このような際には応援団も一緒に打ちひしがれるのが常であるにも関わらず、金メダルを獲得した谷本に、惜しみない拍手と歓声を送っていた。まるで、自国の選手が勝ったかのごとく、見ていても気持ちの良いものであった。 やるな、フランス。 フランスにも柔道の心があった。 フランスに根付いていたのは、JUDOではなく、明らかに柔道だった。

消しポン導入

土曜日, 8月 23rd, 2008 Posted in ガレネット | No Comments »

個人情報の保護は重要な問題です。お客様に関する事やその他、事業に関する事などはもちろんシュレッダーで粉砕します。これは当然。でも、産業ゴミの扱いになり、引き取りが有料になったりしますね。 そういうこともあって、自分宛のダイレクトメールなどは、シュレッダーしないこともあったりしますが、それを悪用されるのも怖いので、どうしたもんだろうとか思っていましたが、このたび、消しポンを導入しました。 こりゃ、便利です。シュレッダーにかける書類も念のために消しポン処理してからやるようにしました。

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れる

金曜日, 8月 22nd, 2008 Posted in 車生活 | No Comments »

これはネットなどでも、あーでもない、こーでもない、と繰り返し議論されていることでもあるが、ガソリンが非常に高価なこの時期に、もし、ハイオク仕様の車を持っているとしたら、そのガソリンにレギュラーを使ってもいいのだろうかという疑問はあるだろう。 答えは、、、 点火時期を自動的に変更(遅角させる)することのできる電子制御を車載コンピューターに機能を組み込んでいる車であれば、レギュラーを入れても大丈夫。 ハイオク仕様車は、そのオクタン価の高いガソリンの性質を利用して点火時期を早めている。早めると何がいいのかという議論になると、もう、深みにはまっていくのでこれ以上はやめておくが、点火時期が早い状態でオクタン価の低いガソリンを入れるとノッキングを起こしてしまう、すなわち、異常燃焼してしまうのである。それを、ノッキングセンサーで検知して自動的に遅角させることができれば、特に異常燃焼しない。ただ、パワーは出ないのであるが。 パワーが出ないことは、結果的に燃費が悪くなることもあり、そうなると、どっちがいいのか訳が分からなくなるのだが、ほとんどの場合はやはりレギュラーを入れた方がランニングコストは安いと思う。 ということで、自分の乗るハイオク仕様車がそのような仕組みなのか、それをどうやって知るのかという問題はあるが、ディーラーさんで気軽に答えてくれる場合もあるし、「メーカーとしてハイオクしか認めません」という答えかもしれないが。 しかし、経験上、ほとんどの日本車のハイオク仕様車はレギュラー可能である。 自己責任でお願いします。

新しいダンロップ帽子

木曜日, 8月 21st, 2008 Posted in レース | No Comments »

表彰台でしか得られない宝物がある。 http://blog.garenet.com/hyochin/?p=215 しかし、私の出場するイベントレースは、チームの母体であり、かつ、ダンロップのタイヤサービスを出店しているホンダショップライフが来ないので、表彰台で帽子をもらう事ができないという事情がある。 なので、前回のレースの際、自分の持ち物であるダンロップ帽子を被って表彰台に立った。 http://blog.garenet.com/hyochin/?p=303 少し前に他のライダーのライディングの研究のために、オートポリスの選手権レースを観戦に行った。なるほど、いろいろ参考になりますねぇ。ここを遅く走ることでラインの自由度を増しているんだ、、とか。 それで選手権レースにはホンダショップライフがタイヤサービスを出店するために来ていたので、スタッフに相談してみた。つまり、、 「前回、表彰台に立った時にもらってないダンロップのスポンサー帽子を下さい」 ってことである。レースのプロショップであるライフからみると、私の出場するイベントレースはダンロップとの契約外であるのだが、快く帽子をもらうことができた。しかも、デザインが少し変わって、形も格好良くなっている。この新型のダンロップ帽子はいいですねぇ。 秋のレースでこれを被って表彰台に立てるように頑張ろう。

JALさんファンタスティック!

水曜日, 8月 20th, 2008 Posted in JAL | No Comments »

こんばんは。読者に「優しい人になってください」と言われたことのあるガレ兵です。 JALへのクレームについて熱く語ることのある私であるが、実際にはクレームなどをつけることなんてなく、実に良いお客さんであるというのは、何となく皆さんもお分かりだろうと思っている。 JALさんには優しく接しているのである。 さて、そのJALさんがファンタスティックな仕事をしてくれた。 とても素晴らしかったので、ここで書いておきたい。 昨日の事である。ある仕事のために早朝から福岡にいたのであるが、夕刻に東京で仕事があったので、昼過ぎには戻る予定であった。ただ、この日は異様にフライトが混んでいて、最終の便以外は満席であった。ただ、偶然に見つけた11:15のフライトだけは奇跡的に予約できて、でも、この便に間に合うことはないだろうなぁって、思っていた。しかし、グローバル会員は優先空席待ちができるので、まぁ、どうにでもなるだろ、程度で考えていた。 打ち合わせも終わって福岡空港に移動することになったのであるが、ツッチーという同行者がいたのである。ツッチーは別件の仕事でどうしても昼くらいの便に乗る必要があるが、何と、予約を全く持ってないとのこと。ツッチーは平民である。 こういう状況、俺に任せろ。 地下鉄で空港に移動すると、JALのJGCカウンターに11:00分に到着。ぎりぎり11:15に間に合うが、ツッチーが急ぎの仕事なんで、彼を乗せてあげたいという状況である。私は最悪、次のフライトでも間に合うだろう。時間があまり無いが、大雨の影響でフライトに遅延が出ており、幸いながら交渉の時間はある。 そこで、結構無茶を言いました。 ・自分は予約を持っているがそれをツッチー氏に渡したい ・自分は優先空席待ちをするので大丈夫だからとにかくツッチー氏のフライトを確定させろ かなり困ってらっしゃいました。。。 「ツッチー様に予約が無い以上、ガレ表様のフライトを渡すことはできません」 に対して、無謀にも 「私が予約をリリースした直後に、予約を入れるという処理はできないのか」 など、カウンターのおねぇさまは困惑していたのであるが、「上司と相談してきます」とのことであった。ツッチーはその状況でも「お土産に辛子明太子を買わないと、、」などと、大物ぶりを発揮していた。 結果、何と、11:15のクラスJのシートを、しかも、2席横並びで確保してくれたのである。 まさにファンタスティック。 素晴らしい。 完璧な仕事。 どういう処理なのかよくわからないのであるが、キャンセル待ちをしているわけでもないのに、しかも2席並びでシートを確保してくれたJALさんの仕事には、とても感謝している。 ツッチーは無事に仕事に間に合い、私も余裕を持って夕刻の仕事に向かうことができた。 だから、JALさん大好き。 今後もJALさん乗り続けます。

大崎の定食屋でひどい目にあった

月曜日, 8月 18th, 2008 Posted in バカネタ | 2 Comments »

大崎の駅前、というか、駅そのものは最近(?)、再開発されてとてもきれいでおしゃれなイメージになっているが、大崎には結構大きな企業があるので、昔から営業活動などで行く事も多かった。 さて、もう、10年くらい前のことだろうか。 大崎ニューシティ(ゲートシティではない)で、3人で昼飯を食おうってことになって、普通の定食屋みたいなところに入ったのである。ちょうど昼の時間だったので混み合ってはいたが、4人用のテーブルが空いていたため、 「あぁ、ちょうどいいから、ここに座ろう。」 みたいな感じで3人で座ったのである。 まぁ、当然という感じですよね。 ところが、お店のオバハンが 「あんたたち、昼飯時にそんな座り方したらダメじゃないの。もっと詰めて、詰めて。」 というから「どう詰めるんだよ?」と思いながら、まぁ、ひとりのお客さんを座らせるくらいだったら、そりゃいいけど、座った方が気まずいんじゃないの? とか思っていると、、、 なんと、、 オバハンは、、 強引に、、 4人用のテーブルに、あと3人を連れてきて6人を座らせたのである。 正直、無茶苦茶狭いですよ。 男ばかり6人ですからね。 女性6人なら何とかなるのかもですが、容積的に男性6人はつらいです。 しかも、テーブルが狭くて、定食のお盆が6つ置けないのである。 結果、知らないサラリーマン同士が知恵の輪のようにお盆を当てはめながら、何とかギリギリ、定食を食べることができたのである。 あの店、二度と行かないです。 多分、今もありますけど。