ガレ兵のブログです

Archive for 9月, 2007

壮絶

水曜日, 9月 26th, 2007 Posted in ガレージ兵頭 | 4 Comments »

こんばんは。今日は疲れもあって、ちょっと早く戻ってきましたガレ兵です。 ということでカレンダーメーカなどで遊んでみた。 http://usokomaker.com/calendar/ 仕事と遊びのバランス取れてるのがガレ兵だよな、と思いながら、まずは実名にて入力して、ポチッとクリックなどしてみると、、、 何だよ、これは。。。 ということで「ガレ兵」だとどうだ? と思ってやってみると。。。 休んで休んで、英気を養っておいて、最後に決闘かよ。 誰と闘うんだよ。

ランクル200続編

水曜日, 9月 26th, 2007 Posted in 車生活 | No Comments »

さて、私自身はほとんど活動していないのだが、中古買取業者の方々が興奮してガレージ兵頭にランクル100を査定に来る有様である。 実は、バイクを運搬するハイエースを売ることになって、買い取り業者数社にそれを査定に来てもらったのであるが、そこにランクル100が置いてあったものだから、 「これ、何ですか? もしかしたらガレ兵さんの持ち物ですか?」 とか聞いてくるんで 「はい、200も出たんでランクル売ってもいいですよ」 というと、ハイエースのっちのけでランクルに興奮しているようである。 ふふふ。 こんな程度の良いディーゼルのランクルがあるなんてびっくりだろ。 結果的に買い取り価格は4年半前の車体価格と全く同じにまでつり上がった。 買い換えろということかよ。 ただ、私自身、ちょっと忙しいので、売るとしてもまだちょっと先のことだと思っているのであるが、「今、持って行っていいのであれば、xx万円出します」みたいなことばっかり中古業者の方々が言っている。 まぁ、一ヵ月後に同じこと言うのであれば、売るかもしれないな。 とりあえずは自分のペースで考えさせて下さい。

欲を我慢しなければいけない時もある

月曜日, 9月 24th, 2007 Posted in ガレ兵精神塾, CCIE | No Comments »

人間の三大欲については諸説あるようだが、細かい議論はさておいて、その欲を我慢しなければいけないこともあるのは当たり前である。 例えば、「レースで勝ちたい」などと思う気持ちそのものが、何欲に当たるのか全くわからないのであるが、しかし、それを達成するためには、ほぼ全ての欲を抑える(もしくはコントロール)することができると思っている。 それは「CCIEになりたい」と思う時も一緒である。 レースの事に話を戻すと、きちんと体重を落としたり、体力的な増強を図るために、どんなに苦しくてもいろんなことに我慢する自信がある。目の前に美味しい食べ物があっても、それでもし表彰台の頂点逃す可能性があると思えば、決して手を出さない。 ただ、実際には修行僧のようなレベルまでストイックにやってるわけではないのであるが、何がその時々で重要なのかくらいは考えて行動できるということである。 逆に「今は仕事に集中しなければいけない」と思えば、長期にわたってレースに出場しなかった時期もあるし、それも欲をコントロールできるということだと思っている。 今、何をやらないといけないのか。 多くの読者がシスコ系の試験に興味がある方々だろうと思うので、レース中心の議論ではピンと来ないだろうが、しかし、それをCCIE(もしくは他の資格に置き換えてみればいいだろう。 全く一瞬も他のことを考えることを許さない、などというつもりは全くなく、私自身もそんなに追い込んで勉強をしてきたわけではない。 しかし、二兎を追いかけたり、他への欲が出たりして、やるべき時にやってなければ決して合格することはない。お金の無駄である。 人生でしばらくの期間くらい、欲をコントロールすることくらいできますよね。 今までいろんなタイプの人間を見てきたが、合格できる人間とそうでない人間の差はそこにあると思う。

ランクル200がついに出た

土曜日, 9月 22nd, 2007 Posted in 車生活 | No Comments »

テレビでも盛んにCMしているが、トヨタのオフロードフラッグシップモデルであるランドクルーザー(通称ランクル)の新型が発売された。ランクルの場合は型式番号を流用して呼称としているが、今回のモデルは「ランクル200」である。 全く値引きをしない売り方で、諸費用を含めると650万くらいになるらしい。 4年半前にランクル100を購入して、何の不満もなく乗ってきた。というか、初めて「これ以上の車は無い」と思って乗ってきた。次に乗る車が見つからなかった。他のランクル乗りの方々も同様のようで、金額だけでいうとレクサスにもっと高価な車は一部存在するが、金額とかそんな小さな価値観ではなく、同じ日本車でランクルを越える車を考えることができないというのが、共通した意見のようである。なので、次に乗り換える時に、同じランクルにするか、もしくは外車になるんだと営業マンが言っていたが、当時は理解できなかった感覚も今は「なるほどなぁ」とわかるようになった。 他の車のことを羨ましいと思わなくなって4年半経過している。 買い換えるつもりなど全く無かったのであるが、営業マンが「200のカタログが来ましたから!」と何度も連絡してくるんで、付き合いということもあって、カタログだけもらいに行ってきた。(現車はまだまだ先の登場である) そこで驚くべき事実を知らされた。私の乗るランクル100は、一時は不人気だと言われたディーゼル車であるが、現在では人気が急上昇しており、何と、4年半前の購入金額からわずか50万円落ち程度でディーラーで下取りしてくれるらしい。 新型はディーゼル仕様がなく、ガソリン(ハイオク仕様)エンジンでは4Km/Lくらいしか走らないランクルはちょっと財布に厳しいのかもしれず、ディーゼル人気が高いとのこと。 む? むむ? 50万円を追い金すれば、新車になるという計算(車両本体が高くなっていたり、諸費用など複雑なものはありますが)ですよ、これは。 ただ、すぐに注文しても車が手元に来るのは来年とのこと。 ちっ、それじゃ買えねぇよ。 一瞬だけ興奮して損した。 夢を見ずに仕事を頑張ろ。

久しぶりにシスコを触る

金曜日, 9月 21st, 2007 Posted in ガレージ兵頭 | No Comments »

最近、追い込まれてまして、ちょっと更新が遅れていました。 この時間(2時)になってもやらないといけないことが全く終わってなくって、いつ寝れるんだろ?って感じで久々につらいです。毎日、何とか3時間は寝る時間を確保しているんですけど、それ以上の時間を確保できないです。 明日、というか今日は、久しぶりにシスコに触る機会を得まして、ゴソゴソとSerial-USB変換ケーブルとか探して、きし麺とかをカバンに仕込んでました。こんなの、二度と触らないと思ってた。サーキットでバイクのインジェクションのマップを変更するために工具箱に入れてしまっていたんで、あれあれ予備はどこにあったかな、と探すのに時間かかりました。 まぁ、たまにはこんなことしてもばちは当たらんだろ。 ということで明日は行って来まーす。

ガレポロ完成

水曜日, 9月 19th, 2007 Posted in ガレージ兵頭 | 4 Comments »

ついに、ガレネット渾身の企画であるガレポロが完成した。 なんだかんだと議論が沸騰したメインのポロの色はグレーになった。 ちなみにガレショップを近々オープンして、このポロは販売しようと思っている。 ところが、何とガレ兵スペシャルカラーということで、ちょっと挑戦的な色合いも作ってみた。なかなか見栄えが良いじゃろ?   ロゴはこんな感じで刺繍でできている。プリントだと簡単なのだが、ポロにうるさいガレ兵は刺繍を選択した。全く、何でこんなところに金をかけてるんだよ。 なかなか刺繍の出来もよろしい。 と、、、 あれ? え” こ、こ、これは??? GARENE ですか?(泣) なぜかガレ兵仕様のホットピンクのロゴだけ、これ一枚だけ、Tが抜けているのである。どういう工程で作業してるんだよ、全く。よし、明日、クレーム入れてやる。

こんな恥ずかしいものを被っている

火曜日, 9月 18th, 2007 Posted in レース | No Comments »

ヘルメットの中にはこんな恥ずかしいものを被っている。もうちょっと格好の良いデザインにできなかったのか、誰もがこれを被っている時に写真に写るのを嫌がっている。   ちなみにこれはヘルメットリムーバーといって、転倒したライダーから救護者がヘルメットを脱がす際に、頚椎に負荷を加える事がないようにするためのものである。

ガレステッカー披露

日曜日, 9月 16th, 2007 Posted in レース | 2 Comments »

こんな感じでガレステッカーを使うのが正しい。 これ、なかなか決まっていると思うのは私だけでしょうか?

古いノートが出てきた

土曜日, 9月 15th, 2007 Posted in CCIE | No Comments »

過去のいろんなものを整理していたら、突然古いノートが出てきた。すごくたくさんノートを作っている。 今見ても、書いてある内容は興味深い。 でも、誰にも見せないです。 もう自分でも見ることはないだろうけど。

暗算は5桁までできる

金曜日, 9月 14th, 2007 Posted in ガレージ兵頭 | 2 Comments »

世にはたくさんの習い事があるが、これだけはやっておいてよかったと思うのはソロバンである。といっても大人になってから始めてもダメである。なぜなら暗算ができるようになるには子供の時から習わないといけないからだ。 ちなみに、段位になるとソロバンを使って「平方根」「立方根」の計算などやらされていたのだが、それが何になったのかいまいちわからないのだが、暗算だけは絶対にできて困ることはない。 小学校の5年の時に最高潮を迎えたソロバン人生だったが、当時は7桁の暗算ができた。8桁になると、一番左側の桁(千万の桁)が微妙に覚えきれず、これはやはりできなかった。 歳を取るに従って、段々と受け入れられる桁数が減っていって、現在は5桁までできるだろうか。車を運転していて、対向車のナンバーを何気なく計算したりすることもある。 世に言う「数字に強い」というのは単に計算ができるという意味とは別のことであるが、でも、計算ができると得をすることも多い。 なので、ガレ兵家では子供たちは学習塾などには通ってないのであるが、ソロバン塾には通っている。上の子は段位を取得した。下の子は一級を練習しているらしい。 でも、実はソロバンというのは電卓よりも遥かに高価であり、ガレ兵家のソロバンは一台で2万円ほどする。滅多にこんな高価な電卓などないと思う。。。 1万円くらいのソロバンでいいと思いますが。このクラスになると玉の動きも実にスムーズで、かつ、動きがピシッと決まる精度でできている。もちろん、ワンタッチといわれる、ボタンを押すことでご破算ができるのが競技に向いていて、推奨する。 ソロバンも全国大会などあります。 ということで、もし、小学校に入るくらいのお子さんがいらっしゃるのであれば、近所のソロバン塾を探してみてはどうだろうかと思う。きっと「習ってよかった」と思うはずだ。